株式会社龍屋半左衛門
株式会社龍屋半左衛門
E-Mailサイトマップ
ホーム商品企画生産会社概要リクルートお問い合わせアクセスマップ
  HOME > 商品企画
商品企画




展示会予定>

2019-20AW  Collection
2019年
 4月10日(水)〜12日(木)

<東京展>
原宿デザインフェスタギャラリーEAST302


2019/20秋冬のカラーは、暖かな赤茶系から鉱物を思わせる微妙なニュアンスのニュートラルなど、まろやかな雰囲気のカラーが増加しています。
カラーがお互いに補完し合えるカラーレンジである事を視覚的に表現しています。
注目カラーは紫系のスモーキーなカラーです。

TATSUYA2006年春夏カラー
2019-20 Autumn&Winter

2019年春夏のカラーレンジは、「穏やかなストーリー」「真実のストーリー」「ダウンライトの中に見えるような面白さ」「暗いシリアスなストーリー」などが語られる。
これらのレンジはカラフルなフレーズの中で行われる明快で強いバリエーションを調整し、四つのカラーハーモニーを作り出した。
2016-17 Autumn&Winter

2016-17のカラーは、今までの技術の発展を見直す時でもあり、更に工夫を加えて行くことが必要になり
人類の幸せや心を満たす人々の生活に再び心を寄せる為のバウンドについて考えることになりそうです。

カラーはブリッジのかかった寒色と暖色の組み合わせ、まったく異なる色が作り出す新しいハーモニー、氷のように微光を放つ色、クリスタルのような炎の色、様々なニュアンスを持つシャドー(影)の色などがシーズンのタイトロープの上でバランスをとりながら並んで行きます。
全体のカラーは23色。

2016 Spring&Summer

2016春夏は自由闊達に語り、想像力豊かに楽しく、貪欲なまでにサプライズを求めて行くシーズン。

今まで確信してきたことを取り払って、クリエーションを開花させるようにする。
フェイクはますます現実味を帯び、自由にファンタジーを掻き立てます。
ハイタッチ、詩的で官能的、フレッシュでエネルギッシュ、花の如く果実の如く、季節が求める刺激や持ち味を表現します。
スポーツを追求すること、メンズウエアやカジュアルウエアにしなやかさを加えたり、洗練された未加工のルックスにはじけるような輝いたカラーや美しいシルエットをほどこすことにより、保身から解き放たれたファッションを作る。
2015-16 Autumn&Winter

2015-16秋冬は、異なる要素を盛り込んだコンビネーションが重視されています。
ニュートラルと様々な色を揃え、コントラストを作ることで、立体感、奥行きを出します。
カラーを粒子のように捉え、組織によって一色一色を生かすことで全体が穏やかに調和するニューツイードも提案されています。
注目されたキーワードは「ファンタジー」。
明るい色をめいっぱい取り込んだ表現が支持されている。
赤、茶、グレーンのプリミティブな色に優しいパステルを添えたような色。ダークを意識しながらも自然界にある強くて温かい色。グリーンやブルーを中心にした少しミステリアスでクールな寒色系の三つのグループに分かれています。
2015 Spring&Summer

2015春夏は、ポップで明るく、特にさわやかな黄色と軽さ、ちょっと不思議さを感じる新しいテキスタイルの表現です。

3Dを筆頭にしたプリント技術、透け感、透明感、陰影、厚くて軽い、ソフトで張りのあるものが人気。
更にスポーツウエア向けの要素を持つ素材が注目されています。
全体に晴れ晴れとした雰囲気の軽やかな色調のイエローが注目されています。
2014-15 Autumn&Winter

2014-15秋冬カラーは、素材と綿密な関係を結びながら、光沢と陰影を持った表現が重視されます。

レディスファッションを構成するそれぞれのマーケットが、素材においても独自色を打ち出そうとしています。
過激化は避けながらも、凡庸から抜け出さなければならない。その為の処方箋は、輪郭が曖昧なビジュアル、そして過激に陥らない模様やモチーフ。
ボリューム、3D効果、重みのない厚さ、空気をたっぷりはらんだ丸み、ムースタッチ、気泡を含んだ起伏、綿密な異素材の組い合わせが重視される。








Copyright© TATSUYA HANZAEMON CO.,LTD ALL RIGHTS RESERVED.